永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • ホウレンソウ

    ほうれん草はポパイの力の源です。

     

    という昔懐かしい漫画を思い出しました。

    今日のホウレンソウは、ポパイの話ではありません。

     

     

     

     

     

     

    以前のブログでも報連相の重要性を書いたことがあります。

     

    会社の報連相は仕事の原点で、どんな仕事も会社のチームワークでも、報告や連絡は必須であるべきなのです。

    その中でも報告が大切で、その報告の仕方は、まず結論・結果を言うこと、そして数字で表すこと。

    営業の報告ですと、売上や棟数で、売れなかったとか言い訳とか泣き言を言っても仕方がないことなのです。

    このことは、社会人として最も大切なことなので、若いときにこのことを理解させ、身につけておかないとその人は伸びてきません。

     

    最近教える難しさをかんじています。

     

    海軍大将 山本五十六の言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、
    人は動かじ。」というものがあります。

     

    我々住宅業はマニュアル化が難しく、

    相手のお客様によって対応を変えなければならないことが多いのです。

    それでも繰り返し、繰り返し教えていくことしかないと思っていますが・・・。

     

    なかなか思うとおりにはなりません。

    「鉄は熱いうちに打て」「彼岸過ぎて麦の肥え」とよく言ったものですが、

    中高年になってからいくら教えても無理なのです

    なかなか直りません。

     

    社員も入社初期の教育がもっとも大切なことを、最近痛切に感じています。

     

    ここで、新入社員に物申す。

    学校では授業料を納めて、教えを乞う。

    社会人の第一歩は甘えを取り去ることが大切なのです。

     

    給料をもらいながら勉強させて、

    それでも真剣にやらない人・逃げて回る人はいくら教えても無駄なのです。

     

    学ぶ人も大変でしょうが、教えるほうも大変つらいのです。

    二倍勉強してもらわないと、教えることはできません。

    仕事を楽しくするためにつらい修行(学習)を超えなければならないのです。

     

    逃げずにがんばれ。

    山登りも一緒です。 

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。