永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 登山 第二弾 -夜叉ヶ池- 2

    登頂には、足の早い人ですと2時間。多少遅い人ですと3時間かかるコースだそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    まず、谷川沿いを登る為、少し足を踏み外すとまっさかさま。危険な場所です。

    孫にはよく注意をし登り始めましたが、前回の荒島岳同様、私は急斜面では息切れをし、自分の体力のなさを再確認しました。

    ただその日は、湿度・気温は高かったのですが、台風が沖縄から韓国に向かっていたときですので風があり、前回とは違い休み休み登っていくことができました。

    結果、丁度2時間40分で夜叉ヶ池に着きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その日は山登りをする人が少なく、老夫婦が1組と頂上で私より年配の人とお話をしたくらいでした。

    頂上ではお嫁さんが作ってくれたお弁当を食べ、その後夜叉ヶ池を山から望もうと、さらに上を目指しました。

    ところがそのためには山の峰を登る必要がありました。

    岐阜県側から吹く風は非常に強く、秒速25メートルから30メートルの強風。

     

    実は孫の長男はちょっと太り気味の41キロ。次男は24キロ。

    次男は小さいときにアトピーにかかり、好き嫌いが多少あるため少しやせ気味。

     

    というわけで、上の子は飛んでいく心配はないのですが、下の子は飛ばされる可能性があるため、襟をつかみながら這いつくばってあがらせました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ただ、あまりにも危険なので途中で断念し下山しようとしました。

    しかし、まさに行きはよいよい、帰りは怖い。

    急斜面を下るのは非常にヒヤヒヤします。

    親とじいじははらはらドキドキ。

    でもそんなことはつゆ知らず。

    孫たちはきゃぁきゃぁ言いながら楽しんでいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     男の子ですから少しスリルがあったせいか、とても喜んでいました。

    「じいじといって山登り楽しかったなー」と帰る車の中で話してくれました。

    ただ、わいわいと話していた声がすぐにいびきに変わりましたが。^^

     

    そのあとは、ラポーゼかわだでお風呂に入り汗を流しました。

     

    次の目標の山は日野山です。

    標高は880メートルですが、非常に急斜面でここは男山と呼ばれています。

     

    二時間で登頂を目指しています。

     

    これもまたブログで報告します。

    お楽しみに。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。