永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • おやじの・・・

    今日は、私が日頃から読んでいる週刊誌「週刊ダイヤモンド」についてお話をします。

    週刊ダイヤモンドは、世の中の金融関係や、社長としての心構えや住宅に関すること、不動産に関すること、相続税のことなど、ビジネスに使える情報が掲載されている雑誌です。

    毎週購読をしており、自分の知識を増やす為に読んでいます。

    特に連載の「永田町ライブ!」やジャーナリストの櫻井よしこさんの「オピニオン 縦横無尽」はとても気に入っている記事です。

     

    突然ですが、私の身長は176センチで、体重は少し増えまして95キロです。

    ウエストは、なんと!煩悩と同じの108センチです。

    完全なメタボです・・・。

     

    そして私は、糖尿病・不整脈・高血圧・痛風・脂肪肝を患っています。

    1つでも大変なのに、常備薬は12錠。

    全く自覚がない、健康に関してはほんとにダメな社長です。

     

    なぜこのようなことをお話しているかと申しますと、先日届いたダイヤモンドの付録に「ヘルシーダイヤモンド おやじのアンチエイジング -50歳を超えても若さを保つ生活習慣-」というものがありました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    以下の言葉は、加齢制御医学の第一人者である白澤卓二先生が書いたことです。

     

    その中に「老化や寿命は自分次第で変えられる」という言葉がありました。

    糖尿病などの生活習慣病のリスクを減らし、常に若々しさを保ちながら健康で長生きしたい。これは誰もが願うことだろう。しかし、実現するのはとても難しいことであると、誰もが思っている。」

      

    自分で変えられる最大の環境要因は、喫煙、運動不足といった生活習慣もあるが、なんと言っても食習慣である。

     

    気をつけなければいけないことは、体内の血糖値を急激に上げないように食事を摂る事。

    血管の老化を防ぐ為にも血糖値のコントロールは不可欠。

    血糖値を急激に上昇させる食習慣のなかに、”朝食抜きの生活”が挙げられます。

    朝食抜きの生活は、夕食から翌日の昼食まで、半日以上も何も食べずに過ごすことになります。

    相当の空腹感を抱えたまま、ランチタイムにはカレーやカツ丼、ラーメンにチャーハンなどボリュームたっぷりのメニューを頼みがちになってしまう。

    これではいけない。

    ところが、血糖値の上昇を緩やかにするための方法がある。

    それは、食事の最初に野菜のサラダや煮物、汁物、ワカメの酢の物などの海藻類を食べること。

    野菜や海藻類に含まれる食物繊維が豊富に含まれており、後から食べるご飯などの糖質の吸収を緩やかにする働きがある。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これを私は今、やり始めました。^^

    お酒も二ヶ月ほどやめております。

     

    ・・・しかしここ最近の暑さに負けて、ビールを飲み始めてしまいました。

    お盆が過ぎたらまた禁酒をします。

     

    みなさんも見守っていてくださいね。

    おやじのアンチエイジング、頑張ります。

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。