永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 第3回 上司に仕事の報告をするとき

    上司に仕事の報告をするとき・・・。

     

    ホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしないで失敗することがあっても、ホウレンソウをやりすぎて失敗を繰り返す人はいない。    住宅支援機構島田理事長の言葉より。

     

    実力はあるがホウレンソウをしない部下と、実力は多少劣っていてもホウレンソウを欠かさない部下、

    上司が仕事を任せたいと思うのはどちらでしょうか。

     

    答えはホウレンソウを欠かさない部下なのです。

     

    ホウレンソウをする部下を重要視するのは、次の手を打つことが出来、対処することが出来るからなのです。

    ホウレンソウを受けていれば、上司は自分でリスクをコントロールできる安心感があります。

    ホウレンソウを怠る社員には、上司は絶えず不安に苛(さいな)まれ、適正な助言・指示・指導が出来ません。

    上司へのホウレンソウは徹底すべきなのです。

    やらないで失敗するケースがあっても、やって失敗するケースはほとんどないのです。

    しつこいくらい報告してもせいぜい「うるさいやつだ」と上司に思われる程度なのです。

    この場合でも、文句をぶつぶつ言いながらも内心ではほっとしている上司がほとんどなのです。

    だからやりすぎても評価が下がることはないのです。

     

    ここで幹部社員はこのことを部下の社員によくよく伝えて欲しい。

    毎日日報を書く癖、日報で報告する癖、

    すなわちホウレンソウが大切なことを指示・指導して欲しい。

     

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。