永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 「教えるってなぁに?」-人の育て方-

     

    4月に入り、当社も11名の新人を迎えることとなりました。

    新卒生11名という大人数は当社もはじめてのこと。

    総務課の社員も、新人教育をどうしたらよいのか

    迷いながらも試行錯誤しているようです。

     


    (研修の様子)

       

      ********************************************************

     

    「匠の会」という当社の大工の会の一人に、

    実に上手に弟子を育てている棟梁がいます。

    棟梁から巣立ち、すでに一人前になっている大工も

    当社で働く有望株のひとり。

     

    その棟梁が、2年前に新しく子方(弟子)を迎えたのですが、

    当初は動きものみ込みも悪く、

    「ボーっとしているな、ちゃんと育つのかな

    というのがはじめの印象で、やる気も感じられなかったので、

    ほんとにできるようになるのか?と不安でした。

     

    それが2年後の今、建前の様子を見ていても実に動きがよく、

    次に何をすればよいのかを察知し、

    人に指示されずともテキパキと段取り良く働いていたのです。

    なぜ彼はここまで成長できたのか?

     

     

    棟梁に理由を聞くと…

     

    「弟子を教えるのに、出来ても出来なくても、3年の期限を自分の中で設けている。」

     

    との事。

      

     

    そして見ていると、とにかく建前の応援に行かせているようです。

    本人のやる気や努力も、もちろん必要ですが、

    いろいろな現場に行けば、必然と他の棟梁たちの仕事のやり方や、

    いろいろな施工技術を目の当たりにするわけです。

    特に「3年で覚えろ」や、「他の大工さんの仕事を習ってこい」

    といった指示は出していないそうで、

    彼なりに他の大工さんの技や動きを盗み、工夫していったのでしょうね。

    その結果が今の彼を作り出したといえます。

     

    これは棟梁の元子方だった大工に聞いたのですが、

    難しいといわれている和室を早いうちから任せてもらえたそうです。

    そのことで、責任感と信頼関係を生み、

    自分への自信に繋がっていったのだと思います。

    新人に何かしらの成果を生み出させることは成長へとつながり、

    また、成果を出すことができれば達成感が高まります。

    すると「もっと深く仕事を知りたい。もっと創造的な仕事がしたい」と

    今度は探求心が出てきます。

     

    会社全体で人を育てるという雰囲気が出来ていることも重要ですが、

    まずは教える側も教えられる側も、期限と目標を持つこと

    期限内に目標を達成するために、

    次は何をすべきかを考えながら行動すれば

    いつしかそれが習慣となり、

    そして、仕事や自身の生活にも豊かさが生まれますよ^^

     

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。