永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 一歩前へ飛び込む勇気 -ファーストペンギン-

     

    ご無沙汰しておりました。久しぶりのブログになります。

    実は少し体調が思わしくなかったもので、

    少々筆不精となっておりました。

    やはり健康第一、元気が一番です。

    現在の体調はすこぶる良好ですので、ご安心ください^^

     

    私が思っていた以上にこのブログを心待ちにしてくださり、

    いろいろなところで、なぜ書かないの?とのうれしいお声を

    いただきました。

    心新たに書きまくりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

     

     *******************************************************

     

    社員ブログでも伝えているようですが、

    毎年年末に、社員に発表しております会社の標語。

    2016年の標語は

    挑戦する勇気、継続する勇気、一歩前へ出る勇気』としました。

     

    そして併せて社員に伝えたのは、

    ファーストペンギンになりなさい」という事。

     

     

    朝のドラマでも話題になっていたようですが、ペンギンには面白い習性があって、群の中の一匹が海に飛び込まないとみんな氷上に留まったまま動かないのです。

    どんな危険があるか分からない海の中に、最初に飛び込むのはとても勇気のいることです。

    海にはペンギンの天敵であるシャチやトドなどの肉食獣が、飛び込んでくるペンギンを待ち構えているかもしれない。

    でもペンギンも飛び込んで魚を食べなければ生きていけない。

     

    そうした恐怖や迷いの中で危険を顧みず、

    勇気をもって群の中から一番初めに海に飛び込んでいけるペンギンを

    ファーストペンギン』といいます。

    このことから、リスクを恐れずに勇気を持って新しいことにチャレンジする人のことを『ファーストペンギン』と呼ぶようになったそうです。

     

     

    今までは、私の商売感覚を元にみんなに指示を出し、

    その指示に従って動いてくれていたところもありました。

    しかし、住宅市場での生き残り競争は更なる激化が予想されます。

    みんなでアイデアを出し、新たな商品開発をして進化していく。

    これからは、事業として未知の領域に勇敢に飛び込んでいかなければ

    会社の存続は見込めません。

     

    ペンギンたちのように命をもって挑めとはいわないけれども、

    失敗を恐れて動かずに後悔するのではなく、

    勇気を持って新しいことに挑戦し続けていってほしいのです。

     

     

    さて、永森の『ファーストペンギン』達は、

    いったい誰が先頭をきって飛び込んでくれるのでしょうか?

    私はセカンドペンギンになって見守っていきたいと思います。

     
     
      
     
      
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
      
      
      
     
      
      
      
     
      
       
       
      
       
      
       
       
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
      
      
      
     
      
      
      
     
      
       
       
      
       
      
       
       
     

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。