永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • ~最近つくづく感じること(7)~セルロースファイバーについて。(昨日の続き)

    最近つくづく感じることがあります。

    (昨日の続きです。)

    家の断熱について、私の考える最高の断熱材はセルロースファイバーだと思います。

    新聞紙を使い、吸湿効果があるため、

    梅雨時期・夏場のむっと(・・・)した感じがありません。

    セルロースファイバーを使用している現場は、

    ジメジメ感がないためエアコンがなくても涼しく感じます。

     

    冬場も非常に温かく、

    日本CF断熱施工協会認定施工店による責任施工で行った場合、

    内部結露(20年保証付)がなく、吸音材としても優れた効果を発揮するのです。

     

    また、日本には梅雨を含めると五季があるといわれていますが、

    春夏秋冬の季節の変化が私たちの感性を育み、生活に彩りを与えてくれます。

     

    セルロースファイバーは、国際的に認められた安全性を持ち、

    自然素材を用いていることで、設備に頼りすぎない、

    人にも環境にも優しい空間づくりを可能にします。

    少し施工費は高くなりますが、

    省エネにもつながり、長い目でみると経済的なのです。

     

    その他の断熱材(グラスウール・ロックウール・パーフェクトバリアなど)を使用した当社の工事では、断熱効果は今まで以上にあります。

     

    ただ、打ち水やグリーンカーテンやすだれを用い、

    この暑い夏を乗り切っていくことも私たちは考えなければなりません。

     

    ここで一句。

     

    涼しさや 川に飛び込む かわずかな

     

    ながもり田吾作

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。