永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 第3の息子

    2月9日のブログに登場した健太朗は、1ヶ月ほど私の元で育てましたが、自由気ままな子で全く手に負えませんでした。排泄物は自由にどこへでもするし、散歩では、あっちいき・こっちいきで、子供を見ると襲い掛かったりして、散歩するというよりも、私が連れまわされるという感じでした。

    手に負えず、けんたろうを買った福井警察犬訓練所に相談したところ、「元々利口な犬なので3ヶ月で見違えるようによくなりますよ。」と言われましたので「それならば」と預けることにしました。

    3ヶ月が経つと、訓練所の方から「非常に素質の良い犬なのであと3ヶ月訓練させて欲しい。そうすれば、協議会に出られて、優秀な成績を修められますよ。」と言われました。

    わが子が伸びてくれることは親としては嬉しいことなので、9月いっぱいまで預けることとなりました。

    その間、ウォーキングを2ヶ月ほど休んでおりましたら、案の定血糖値が上がり、お医者さんからは最後通告の最後通告、「3度目はない。入院を覚悟しなさい」と言われてしまいました。

    「これではあかん」という事で、8月・9月は4キロの林道を、時間をかけて歩き鍛錬しました。少なくとも1回。都合がつくときは、2回。雨が多いときは自分に甘いせいで「中止」ということもありましたが・・・。

    健太朗が帰ってきたときに、ついていけないといけませんしね!

     

    そしていよいよ10月1日。健太朗が帰ってきました。

    協議会では、18頭中2位という高成績を修め、賞状も頂きました。

    優勝したのは健太朗と同じ日に生まれたお兄ちゃんでした。

    血は争えないものなのですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      

     

     

     

    さて、健太朗が帰ってきてからは、毎日朝6時から1時間(4キロ)。昼は自転車で1時間(4キロ)、夜は5キロ(自転車・または歩き)をかかさず行っております。

    その結果、糖尿病の数値のA1Cは8.2から7.2までなんと1ポイントも下がりました。

    先生からは「薬では下がらなかった数値を、荒治療で治しましたね。よく頑張りました。」とお褒めの言葉を頂きました。

     

    それなのに・・・人間というのは弱いもので、次の日から私は大好きな日本酒を飲み始めてしまいました。

    11月末の血液検査がちょっと心配です。

    ただ、私の相棒とともに行う散歩(あごをあげ、腕をふり、少し早めの歩きのウォーキングは一番効果があるようです)を継続して頑張ります。

    皆様も、特に糖尿病の方は、試してみたらどうですか。

     

    散歩を始めてから気付いたことですが、結構早朝にウォーキングしている方が多いのですね。

    「おはようございます!」と挨拶をしたり「今日は社員にどういう話をしようか」など思案したりしながら毎朝励んでいます。

     

    散歩を始めてから良かったことが他にもあります。

    それは、肩こりが少し解消されたことと・足の冷え、しびれがぴたっとなくなったことです。

    ただ、お酒はやめられません。(特に寒いときの熱燗は美味しい)

    食事の量は増えましたが、体重はかわりません。

    ベルトの穴もまた一つ減りました。

    最近お会いする方にも、「すっきりされたのでは」と言って頂ける事が増えました。

    これからも頑張ります。

     

     

    最近の身近にあったことをお伝えしました。

     

     

    追伸

    実は私のブログを打ってくれている、○○さんは今回限りになります。

    当社としては大変残念なのですが、寿退社ということで幸多かれと願うばかりです。

    弊社で経験したことを胸に羽ばたいて欲しいと思います。

     

     

    ただ・・・やはり残念でなりません・・・。 

     

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。