日本の住宅の平均寿命は約27年と言われています。
昔、家は親から子へ、そして孫へと引き継がれるのが当たり前でした。
それがこんなにも短命になってしまったのには、いくつかの要因が考えられます。
まず、安く早くの家づくりが生んだ品質の低下。次に技術力の低下。
そして残念ながら、家へのこだわり・愛着の低下です。
永森建設では受け継がれる住まいであることを大切に考え、
そのために必要な素材と技術、そして愛着の持てる設計で
家づくりのお手伝いをしています。
親、子、孫が代々同じ思い出を重ねることで心の豊かさを実感でき、
家が存在する安心感を共有できるのは、次の代への最高の贈り物ではないでしょうか。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。