建物を受け継ぐ
福井の家にあう木
檜 吉野・北山
香りと木肌の美しさ、上品さが魅力の檜。時が経つにつれ、より色つやが出て味わい深くなっていきます。通し柱や梁、化粧柱、和室の造作などに多く用います。
メリット 最適部位
  • 良い香りがする。
  • 経年変化により色つやが出て、味わい深くなる。
  • 赤太・白太の差がほとんどないので
    色を合わせやすい。
  • 粘り強い。
  • 化粧柱
  • 化粧梁
  • 和室まわりの造作材
  • 梁(樹齢100年以上)
  • 通し柱(樹齢70年以上)
デメリット 不適部位
  • 白太部分は外に置くと、どす黒くなる。
    湿気にも弱く腐りやすい。
  • 白太部分は白ありの被害が多い。
  • 若木は白太部分が多いので、管柱には不向き。
    あばれ、ねじれも多い。
  • 若木は伐る時期の悪い間伐材が多い。
  • 基本的に節が多く、節なしを選ぶと高い。
    (節ありは、細ければ細いほど折れやすい。)
  • 大引き
  • 間柱
  • 筋交い
  • 畳下
  • 屋根垂木
  • 裏板
  • 下地材

杉 吉野・高野山
あたたかな感触や美しい色つやを誇り、ねばりがあり強度が高い杉。構造材はもちろん、化粧部分に用いても美しい材料です。日本有数の美林のひとつ吉野からも良材を仕入れています。
メリット 最適部位
  • 赤みがあり素直な木ができる。
    目細(年輪が込んでいる)。
  • 細工がしやすい。木目がきれい。
  • 万能な木。
  • ねばりがある。
  • 昔の家は杉を使っており、
    耐久性は歴史が実証している。
  • 経年変化で色つやが出て、味わい深くなる。
  • 製材所が多く、専門なので効率が良い。
    乾燥が十分。
  • 数がそろいやすく、単価も安い。
  • 垂木
  • 間柱
  • 管柱
  • 破風
  • 鼻隠し
  • 造作材
  • 枠材
  • 下地材
  • 化粧柱
  • 化粧梁
デメリット 不適部位
  • 土の質、育った環境によって
    赤かったり赤黒かったりと色ムラがある。
  • 立ち木から家に使うまでに2年かかる。
    (立ち木〜製材まで半年、天然乾燥に1年)
  • なし

杉 池 田
あたたかな感触や美しい色つやを誇り、ねばりがあり強度が高い杉。構造材はもちろん、化粧部分に用いても美しい材料です。
メリット 最適部位
  • 赤みがあり素直な木ができる。
    目細(年輪が込んでいる)。
  • 細工がしやすい。木目がきれい。
  • 万能な木。
  • 池田杉は福井で育っているので、
    福井の風土に合っている。
  • ねばりがある。
  • 昔の家は杉を使っており、
    耐久性は歴史が実証している。
  • 経年変化で色つやが出て、味わい深くなる。
  • 管柱
  • 化粧梁
  • 1階垂木
  • 大引き
  • 間柱
  • 構造材
デメリット 不適部位
  • 人工乾燥などにより、乾き急ぐと割れやすい。
  • 土の質、育った環境によって
    赤かったり赤黒かったりと色ムラがある。
  • 数に限りがある。
    (現在蓄えようと動いている)生産量が少ない。
  • 立ち木から家に使うまでに2年かかる。
    (立ち木~製材まで半年、天然乾燥に1年)
  • 化粧柱

ヒバ 能登・カナダ
殺菌性が高く耐水性があって湿気にも強いヒバ。防蟻効果が高いため、土台、床の垂木に用います。土台には樹齢200年以上のものを使い、耐久性を高めています。
メリット 最適部位
  • 香りがよい、木肌がよい、
    色合いが黄みで味がある。
  • シロアリに強い。水、湿気に強い。
  • 防虫効果がある。
  • 経年変化で色つやが出て、味わい深くなる。
  • 国内にヒバがほとんどない。
  • 土台
    (樹齢200年以上)
  • 建具
  • 1階垂木
  • 破風
  • 鼻隠し
  • 風呂(化粧材)
デメリット 不適部位
  • 無節は値段が高い。
    節のまわりに腐りが入りやすい。
  • 抜け節がある場合がある。
    白太部分はくさりやすい。
  • ねじれが多い。
    外にだしておくと白黒くなる。変色する。
  • 芯付はそりやすい。
  • 筋交い
  • 間柱

松 岩手・長野・カナダ
長尺ものがとれ強度が高いので梁や筋交(すじかい)に使う松。堅くキズがつきにくく、手触り、香りに優れ、年月が経つにつれ美しい飴色に変化していく特性を持っています。
メリット 最適部位
  • 長尺もの(長い材料)がとれる。(~12m)
  • 堅い。(剛性がある)
  • 大量に仕入れられる。
    コストが安く、品質も安定している。
  • 寒い地方の松なので、
    育ちが遅いため目が細かい。
  • 地松は梁組に適しており、
    十字組、牛梁に用いられる。

  • (樹齢200年以上)
  • 屋根垂木
  • 筋交い
  • 2階垂木
  • 胴回り
デメリット 不適部位
  • シロアリが好むため、
    湿気の近い場所には不向き
  • 松ヤニがでやすい。
  • 土台
  • 土台火打ち
  • 1階垂木

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。