永森住まいづくり

伐られた後も強くなる 檜は伐採後2000年、
杉は500年くらいの耐久性があると言われます。
約1400年前に建てられた法隆寺も木の強さが支えています。
また圧縮強度や引張り強度もコンクリートをはるかに凌ぎ、
地震にも強いのです。
経年変化を楽しめるむく材 木は使い込まれて年を重ねるごとに味わいが出てきます。
傷やへこみなどの傷みの修復も簡単です。
また木を使うことで、森林の健全な循環サイクルが保てます。
むく材の床は人に優しい 木は柔らかみや温かみがあり、
手ざわり・足ざわりもよくハイハイや寝転がったりして、
床に触れることが多いお子さまにも最適です。
シート貼りの床材では味わえない、
むく材での暮らしをご提案します。
年を重ねるほど味わいが出る自然壁 住まいを守り意匠的にも重要な外壁材。
サイジングは15年程度で劣化、塗装で約100万円、
張替えで約200万円が必要です。
永森の住まいでは、
そとん壁や漆喰などの自然壁を用い美しさを保ちます。
約15年で劣化するシート貼り建材 住宅会社のほとんどが、
合板に印刷した木目調ビニールを貼る床板、窓枠、ドアを使用。
安価ですが湿気に弱く15年程で
剥がれたり、浮いたりし、修繕が必要でコスト高に。
当社では安易な建材を使いません。
屋根素材にもこだわりを 屋根に使われるスレート板は
セメントからできた素材で、
結露しやすく積雪にも弱いので
福井の気候に合わず
15年程で修繕が必要に。
永森の住まいでは主に瓦を使い、
美しさと耐久性を確保します。

カビが生じ浮き上がりも
見られるスレート板

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。