永森住まいづくり

木ならではの温もりあふれる住まいに、断熱、換気、防水をプラス。夏も冬も1年365日、快適な住まいであるために。そして設備に頼りすぎない暮らしを実現するために。永森建設では、住まいの機能性を高める様々な工夫を施しています。

断熱 人にも住まいにもやさしい断熱材「セルロースファイバー」を採用。

住まいの気密性向上に伴い、冬は暖かく夏は涼しい室内環境を実現できるようになりました。しかし、気密性を高めるということは、空気の通り道を塞ぐということです。その場合、室内の湿気が壁内に留まり、カビやシロアリの原因になる可能性があります。永森建設ではグラスウールやウレタンフォームなどの断熱材ではなく、吸放湿性をはじめ様々な特徴を持つセルロースファイバーを採用。住まいの大敵湿気から守り、受け継がれる住まいを実現しています。

詳しくは「湿気が住まいを蝕む」をご覧ください。

換気 住まい全体を換気し結露を防ぐ、外壁通気工法。

夏の冷房時や冬の暖房時など、室内外の温度差が大きいと窓に結露が生じますが、その時、壁内にも結露が発生しています。これが繰り返されることによって部材の腐朽や錆の原因となり、住まいの寿命を縮めかねません。この結露を防ぐ外壁通気工法は、壁内の通気層を使って家全体を換気。室内は常に快適であるとともに、建物の耐久性も大幅に向上させます。
  • 永森建設では、建物の耐久性を向上させるため、湿気から住まいを守る「床下換気」と「軒先換気」を設けています。建物内部の通気を良くし、木材の腐朽やカビ、シロアリなどに効果を発揮します。
  • 外壁内側の通気を良くするため、従来は胴縁を切って通気口を作りましたが、通気胴縁(通常、胴縁15mmを21mmに)の使用で通気性とともに胴縁の強度を上げることが可能になりました。

防水 住まい全体を換気し結露を防ぐ、外壁通気工法。

快適 心と体に優しい快適な暮らしのために。

シックハウス対策シックハウスの原因の一つが、建材から放散される科学物質と言われています。永森建設では危険な壁紙や建材は使用せず、和紙、健康壁、むく材などをご提案。健康で快適な毎日をお約束します。
  • 木の香りが心地よい玄関。
  • 梁を現しにし、むく材の存在感たっぷりの空間。
将来を見据えた快適設計階段を広くしたり手すりを設けたりと、バリアフリーが盛んに叫ばれていますが、画一的なものであっては本当のバリアフリーとはなり得ません。それぞれの事情や将来を見据えた気配りこそが、永森建設が提案するバリアフリー設計です。
  • 車イスでも安心のスロープ。
  • 車イスからの移動が楽な畳コーナー。
  • 車イスでも楽に動けるキッチン。
  • 部屋の中まで手すりをつけて安全に。
  • 廊下を広くし車イスに対応。
  • 車イスで浴室、トイレもらくらく移動。
細かな所にも一工夫大切な住まいでの快適な暮らしと、メンテナンス費を抑えるために、永森建設は細かな所にもこだわっています。
  • 窓のまわりはクロスが裂けやすい箇所。石こうボードの貼り方に工夫を凝らし、クロスの裂けを防ぎます。また、下地材の伸縮等でクロスが裂けることがないよう、通常より細かい間隔で内部胴縁を取り付けます。
  • 何十年も住む間に、積雪等で襖の開閉がスムーズでなくなることが考えられますが、吊り束サポートなら簡単に調節が可能です。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。