棟梁の想い
岡田 優

常に新しい気持ちで。

家は一生もの。そして、一つとして同じものはありません。「代々住み継いでいきたい」そんなお客様が満足して頂ける家をつくりたいと思っています。日々、新しい気持ちで仕事と向き合い、常に向上心を持って、安定した技術を身につけていけるよう取り組んでいきたいです。

私の会社で育った誇りとする棟梁、八重建築の渡辺 紳吾親方の下、たくましく成長してくれると期待してます。基本に忠実な紳吾親方の細工の上手さを盗み取っていただきたいです。将来楽しみな親方になると思います。病気と怪我には十二分に注意し、成長してほしいと思っています。
「時間がかかっても、丁寧な仕事をしたい」という強い気持ちをもち、誠意を持って仕事に取り組んでいます。細かいところにまで注意が及び、仕事へもお客様へも気配りの出来る大工です。