棟梁の想い
西川 淳

こだわりをもった住まいづくりを。

むく材の細工、木の組み方にこだわっています。年月がたち木がやせても、すかない工夫や、見えないから簡単にしようではなく、少しでも家が長持ちするように、見えないところの細工にもこだわっています。

温厚で優しく人からも好かれ、大工の中では若いながらも棟梁としての風格があります。脂ののった大工九人衆の一人です。
寡黙に黙々と仕事に励み、丁寧な仕事をします。何度も確認するため、間違いが大変少ないしっかり者です。