棟梁の想い
北島 良範

職人として誇りを持って。

骨組・構造材が大きく、材料が良い。むく材を使った伝統的な家づくりが多いため、技術を活かせ職人として誇りを持って仕事をしています。お客様の要望を実現させるだけでなく、住んでからも納得する住まいを建てていきたいと思っています。

棟梁としての実力は完璧です。なかでも、細かい細工が特に綺麗で早い。仕上がりも非常に綺麗な匠です。       
無口だが、お施主様・仕事に対する想いは熱いものがあります。若手大工からの絶大なる信頼・憧れを持たれています。