棟梁の想い
岡本 英治

お客様が良いと思う住まいが、
自分にとっての「良い住まい」です。

お客様によって本当に様々な価値観があります。その中でそのお客様自身が良いと思う住まいこそが、自分の思う「良い住まい」です。設計レベルが高いので、難しい仕事をやり遂げることで人間としても成長していると思います。

大林棟梁の下で技術的な面を学び、その後、棟梁の息子を弟子として育てています。人を教えることによって自分が成長することを知っています。仕事は丁寧でお客様からも慕われています。
賑やかで誰に対しても明るく誠実。若いながらも色々な現場の経験を持ち、そのエネルギーに頼もしさを感じます。手際が良く、そつがありません。