棟梁の想い
今川 寛之

喜んでいただける住まいづくりを。

子供のときから大工に憧れ、大学で木造建築を学びました。その後、兄のお手伝いからそのまま永森に。お客様が住みやすい住まい、また喜んでいただける住まいをつくっていきたいです。

今川綾之棟梁の弟であり、大学卒業後に兄のところに弟子入りし頑張っています。親方は、身内である弟に対し非常に厳しく指導しており、少しずつ技・技術・行動が板についてきています。将来、兄弟別々になっていくでしょうが、今がとても大切なことを感じ仕事に取り組んでいます。
幼少の頃より大工になる決意があったとのこと。黙々と仕事をこなすが、情熱に溢れ常に上を目指しています。棟梁譲りなのか、丁寧でかつ綺麗な仕事をします。明るい性格で体力もあります。