棟梁の想い
鳥山 秀幸

ずっと永く愛される住まいを。

社長の人柄に惚れており、またスタッフの熱意を感じる永森建設の仕事が大好きです。住む人のことを考えた住まい、使い勝手がよく、ずっと永く愛され住んでいただける住まいをお建てします。

鳥山親方につき、息子としてまた当社の若手棟梁として、技術・人格とも十分な器を持っています。宮大工だった親方の技術を継承し、下地作り、細工、整理整頓、道具の使い方も若手の見本となっています。早くも父親に追いつきつつあり将来が楽しみな、脂ののった大工九人衆の一人です。                      
親子ともども、仕事に対する熱意は半端ではないものを持っています。どの人に対しても心遣いがすばらしく、腕も親方譲りで皆の信頼を得ています。