2Fは浴室を設けず時間帯の違う子世帯用が気兼ねなく使えるシャワールームを設置。
浴室を1Fにすることで、お孫さんの入浴を親世帯が手伝うなどの交流が生まれます。