住まいづくり大好き

12月   
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 2015年12月25日

    我が家のリフォーム 第二弾

    こんにちは、設計課の波多野です。

     

     

    2ヶ月前、我が家のリフォーム計画について紹介させていただきました。

    今回はその第二弾!

    その後のリフォーム状況をお伝えしたいと思います。

     

     

    前回お見せした柱の下にあった自然の石を使用した束石。

    このように鉄筋コンクリートで補強されました!

     

     

    鉄コンと柱の間に御影石や銅板などを挟み、

    沈んでいる柱の高さを調節しています。

    これには、木材が水を吸い上げないようにする

    という機能も兼ねています。

     

     

    また、解体前の写真を見ていただくと解りやすいと思うのですが、

    部屋の広さに対して、全然柱や壁がありません!

     

      

      

    そして解体後の天井裏の写真。

      

     

    梁もこの柱間隔にしては細い!

    梁?と言って良いのか、つぎはぎのものもあります。

    これでは、鴨居がたわんで建具が閉まらなくなるのも当然ですね^^;

     

     

    既存の柱の間に新しく柱を追加してしまえば解決する話なのですが、

    大胆な間取りが出来るのは民家再生の特徴のひとつ。

    大開口を無くしてしまうのは勿体無いので、

    今ある梁に添える形で新しく梁を入れることで

    補強をすることになりました!

     

     

    このような事を、解体後に担当スタッフで現場を確認し話し合い、

    お客様に報告・相談しながら進めていきます。

    そして、本格的に大工さんの工事が進んでいきます!

     

     

    土台伏せをして

     

      

    根太をかけていきます。

     

      

    根太の間には断熱材が入ります。

      

      

    続いて、床の下地になる合板を張っていきます。

     

      

    そして今はこんな感じになっています。

      

      

    柱が立ち、筋交を入れて、サッシも取り付きました。

    部屋の大きさや明るさを実感しやすくなりました!

     

     

    今回、室内の進捗状況を紹介させていただいていますが、

    屋根や外壁まわりの工事もしています!

     

     

     

    徐々にではありますが、着実に進んでいる現場の様子に

    私の両親もとても嬉しそうにしております^^

    寒い中、朝早くから夜遅くまで作業してくださっている

    大工さんや業者のみなさん、本当にありがとうございます!!

     

     

     

    次回も、我が家のリフォームについて報告させていただこうと思います!

     

     

     

    設計課 波多野

  • 2015年12月21日

    フルマラソンに出ます!part2

    こんにちは、設計課の柳澤です。

     

    フルマラソンに出ます。

     

    と、このブログで宣言させて頂いてから、早2ヶ月。

     

    月日が経つのは早いもので、大会まで3ヶ月を切ってしまいました。

    現在の状況はと言いますと...

    先週、ランニングシューズを買いに行きました!

    そして5km走りました!

     

    まさにようやく、というところです。

     

    私が購入したランニングシューズがこちら↓

     

     

     

    アディダスのエスノバ シークエンス ブースト。

     

    初心者が必要な全ての機能を搭載した膝を守る安定モデル。

    かかとからつま先まで搭載されたBOOST()フォームが

    抜群のクッション性とスムーズな重心移動を実現し、

    フルマラソン完走をサポート。

     ※ クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー。

        バネのような新感覚クッションで、少ない力でどんどん前に進みます。

     

    ランニングシューズにもいろいろあるみたいで、私のような初心者は、クッション性があり、足をしっかりガードしてくれる軽すぎないがっちりしたシューズの方が良いそうです。

    上級者は、履いている感覚がないような軽くて安定感のあるものを履きますが、初心者がそのようなものを履くと怪我の原因になるみたいです。

     

    知識がなく、ランニングシューズにはたくさんの種類があることに驚きましたが、今回もっと驚いたのは中敷き(インソール)です! 

     

    何もわからない私に、シューズの説明以上に、売り場の店員さんが熱心に話してくださったのが、インソールでした。

     

     

    シダスというメーカーのインソールですが、

    上記の品、単品で5000円するんですよ!

    中敷きなんて、靴についてくるもの、としか認識していなかったので、

    驚きでした。

     

    でも、この中敷き、めちゃくちゃいいんです!!

    上記のランニングシューズに、附属の中敷きとシダス・インソールを入れ替えて左右で履き比べると、違いは歴然でした!!

    足のフィット感が全然違います。

    シューズとの隙間を埋めてくれて、

    シューズが足にぴったりフィットしました。

    また、衝撃を吸収してくれたり、

    走るときの体の歪みを解消してくれたりもするそうです。

     

    お高い品ですが、ランニングシューズがセールで半額以下だったので、

    良いシューズにこのインソールなら、完璧!

    という店員さんの声にも押され購入しました。

     

    その足で、いきなり5km走りましたが、シューズとインソールが走りをアシストしてくれるような感覚で、とても走りやすかったです。

     

    シダス・インソール、おすすめです。

    普段履く靴に入れても良いそうなので、

    皆さんも検討されてはいかがでしょうか。

     

    中敷きって実は縁の下の力持ち、だったんですね。

    最強のシューズ+中敷きを手に入れたので、あとは練習あるのみです。

    今年中に10km走れるように頑張らないと~・・・

     

     

     

    設計課 柳澤

  • 2015年12月18日

    ワカラナイコトガワカラナイ

    只今、エーシングループは冬季賞与の面談の真っ最中!

    当社は、社長と上司との三者面談です。

    褒められる人、怒られる人、

    ニコニコ顔の人もいれば、しかめっ面の人もいます。

     

    人間ってわかり易いですね。

    私的には、もちろん査定内容や賞与の額も大切ですが、

    せっかく社長と上司とサシで話できるチャンスなので、

    じっくりと話をしたいものです。

     

     

    ではでは、話は変わって本題です。 

    「ワカラナイコトガワカラナイ」には2通りあると思いませんか?

     

    1つ目は新人や後輩の、

    「何をしていいのかわからない」

    「自分がすべきことがわからない」

    など、経験不足で行動ができず、また意味も理解できないので、

    何をどうしていいか考えられない状態。

     

    2つ目は上司や先輩の、

    「できないことが理解できない」

    「知らないことが理解できない」

    など、経験が豊富なため、できることが当たり前で、

    ついてこれない事が理解できない状態。

     

    皆さんはどちらに当てはまりますか?

     

     女性会社員の表情イラスト「疑問」      サラリーマンの表情のイラスト「居眠り」

     

    どちらにせよ、自分が放つ言葉は、

    置かれている立場によって捉えかたも違うということを

    意識する必要がありますよね。

     

    日本語が嫌いだけど・・・・精進し・・ま・・・・す・・・・・

     

     

    総務・経理課

    塩田 和子

  • 2015年12月16日

    12歳の「住まいの設計」

     

    こんにちは。

    企画課の妹尾です。

    しばらく暖かい日が続いていましたが、

    天気予報では今週、雪のマークがついていましたね。

    皆さん、車のタイヤはもうお履き替えになられましたか?

    私は…まだです;

     

    冬のライン「結晶」

     

     

    永森建設で企画しております『福井の住まい』教育プロジェクト。

    勝山の北郷小学校での授業が1216日付の福井新聞に掲載されました。

     

     

    営業の永森の授業も、明日で第8回目。

    (永森は一級建築士でもあります!)

    子どもたちが描いた17通りの住まいの設計図。

    どれも大人顔負けでした(^^;)

    その中でも最優秀賞の設計の、パースと図面を

    当社の田中一級建築士が作成いたしました。

     

     

    さて、最優秀賞に輝いたのはいったい誰でしょう。

    またブログにて、授業風景を報告させていただきますね(^^)

     

    建築家のイラスト

     

    企画課 妹尾珠美

  • 2015年12月11日

    『ふくい建築賞2015』優秀賞受賞!!

     

    『ふくい建築賞2015』の一般建築の部で、高柳展示場「時を語る家」が

    優秀賞を頂きました。

    これもひとえに皆様のご支援と、協力業者様のご協力の賜物と深く感謝いたしております。

     

     

    この「時を語る家」は、単に古民家から再生した古材や越前瓦、

    越前和紙といった古いものや伝統産業品を用いたものだけではなく、

    「古材と新材」、「伝統技術と新しい技術」、

    「伝統的生活様式と現代の生活様式」

    様々なものが融合し合い、バランスを保ちながら

    その美を感じることのできる、懐かしくて新しい住まいです。

     

     

     

      

     

      ★高柳展示場の詳しい概要はこちら ⇒ 高柳展示場『時を語る家』

     

    随時ご案内もしております。

    ぜひ実際に目で見て体感してください。

     

    皆様のご来場を心からお待ちしております。

     

     

    企画課 妹尾珠美

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。