住まいづくり大好き

05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 2013年05月31日

    梅雨の時期を快適に過ごすために。

    関東では例年より10日早く梅雨入り。

    福井も、もうそこまできているのでしょうか。

     

     

     

    梅雨の時期、体がだるくなったり、憂鬱になったり、そんなことはありませんでしょうか。

    その不調は、内(体質や飲食)と外(環境・気候)が原因といわれています。

     

    『内』

    元々湿をためやすい体質だったり、冷たいもの、生もの、甘いものを食べすぎると、体内に湿がたまり、体温を調節する機能がうまく働かなくなります。

    そんな梅雨の不調時に、効果的な食べ物を少しご紹介。

     

    □湿をとり、発刊作用のある:しょうが、ねぎ、さんしょう

    □胃腸の機能を補い、利尿作用のある:トウモロコシ、豆類など

    □芳香成分で湿度を追いだす:オレンジ、レモン、紫蘇など

     

    室内の環境はもちろん、体の内側からも湿気を追いだす工夫も必要ですね。

     

    『外』

    また、じめじめ・むしむしした梅雨独特の気候は、日本人が快適だと感じる湿度よりも2割以上も高くなるそう!

    生活の基盤である住まいでも快適に過ごしたいものですね。

     

    そこで、弊社展示場である「風の栖」で、自然素材の心地よい時間をすごしてみませんか?

     

     

     

    風の栖は自然素材をふんだんに使用した、住む人の健康を考えた住まい。

    家族みんなが心地よい空間であるよう、ぬくもりたっぷりのむく材と火山灰でできた健康塗り壁など、こだわりの素材が。

     

    南北に抜ける風の心地よさを感じながら、緩やかに流れる時間をぜひ。

    詳しくはこちら^^

     

    企画課 小川温子

  • 2013年05月26日

    森林ツアーを開催いたしました。

     

    本日、池田町にて森林ツアーを開催いたしました!

     

    池田町の山主さん:江端林業 江端俊慧様の山を見せて頂き、お話を伺いました。

     

    道中のバスの中では、一本の木が住宅になるまでの過程を予習し、実際に森を見ながら素材を最大限に活かした材料をつくるためにどのような管理がされているのかをご体感いただきます。

     

     

     

     

     

     

    本日の最高気温は30度。

    しかし、山の中は涼しく、森林浴の気持ちの良いこと。

    木のことを学びつつも、日頃の疲れをリフレッシュ^^

     

    午前中は山の中で、時間いっぱい木のことを学び、昼食はファームハウスコムニタさんで池田町の特産品をふんだんに使ったお弁当を頂きました。

    その後、弊社の木材を製材していただいている谷本木材と弊社工場へ立ち寄り、南四ツ居展示場へ・・・。

     

     

     

     

    本日は、身も心も満たされた一日になったのではないでしょうか?^^

     

    ではここで、参加された方の感想をご紹介いたします。

     

    ○     管理された山とそうでない山を見比べることができ、木(山)の見方が変わりました。

    ○     非日常的な体験ができて新鮮だった。昼食が大変美味しかった。

    ○     森林浴を楽しみながら木について知識を深めることができて大変良かったです。普段なかなか見ることができない杉林を見ることができて貴重な体験でした。

    ○     材料となる木材についての知識が皆無でしたが、今回参加させて頂いて木材に対する知識が深まりました。また、良い木材を使って家を建てることの重要性を再認識させられました。

    ○     良質な木材を徹底した管理で使用していることを認識できた。木材生産者の思い入れを感じた。

     

    他には、

    「他社では、構造の説明はしてもらえるが、素材そのものの説明は聞けないので良かった。」とのお声も。

     

    木造住宅の一番大切な“木材“について知って頂くための今回のツアー。

    皆様何かしらお住まいづくりにお役立ていただける知識や思いをお持ち帰りいただけたのではないでしょうか。

     

    次回は、秋に開催いたします。

     

    今回ご参加いただけなかった方も、次回はぜひ!お越しくださいませ。^^

     

    企画課 小川温子

  • 2013年05月25日

    本日より見聞会を開催しております!

     

    本日より、鯖江市小泉町にて見聞会を開催しております!

     

    もう春というより初夏ですね。

    暖かいというより暑いと言った方がしっくりくるような陽気でしたが、

    朝からたくさんのお客様にご来場いただくことができました。

    お越し頂いたみなさま、ありがとうございました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回の会場は、通常お施主様がお住まいとして使われる建物ではなく、

    お住まいのお隣にあった古い建物を『残す』という意味合いも込めて改修された、

    いわば「ゲストハウス」といった建物でした。

    こんな素敵なところでおもてなしして頂けたら、

    つい何回もお邪魔したくなっちゃいます^^ 

    贅沢な空間&時間の使い方ですね。 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会場のお隣にはお施主様がお住まいがあり、そちらにかわいいわんちゃんが!

    風があったのでそれほど気にならなかったものの、気温もかなり上がって

    まさに初夏!といった1日でしたので、わんちゃんも排水口のカバーの上で

    涼みながらお昼寝していました^^

    わんちゃんのいる場所が受付のちょうど向かい側だったので、

    今日は受付の合間に気持ちよさそうにお昼寝するわんちゃんを見ながら

    ずっと癒されておりました。

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    明日も引き続き、見聞会を開催しております。

    今日はご都合がつかなかった方も、ぜひぜひお越しくださいませ。

    かわいいわんちゃんにも会えますよ^^

     

    企画課 加藤里美

     

  • 2013年05月24日

    オリジナルを大切にするということ

    最近気になるアニメに、宇宙戦艦ヤマト2199があります。

    約40年前に製作・放映された宇宙戦艦ヤマトのリメイク版です。

    映画などで昔の名作がリメイクされるケースが多々ありますが、

    やっぱりオリジナルの方が良い、ということも多いのではないでしょうか。

    しかし、これについてはファンからも評価が高いといわれています。

    オリジナルのストーリーを踏襲しながらも、細かい矛盾点を解消するために

    新たな人物や物語の伏線を設けたりした他、メカなどの描写も現代風に

    アレンジした作品となっています。

    細かい部分では、オープニングテーマのヤマト発進のカット割りが、

    旧作と全く同じであるなど、オリジナルに対するレスペクトを感じます。

    宇宙戦艦ヤマトは単なるSFアニメではなく、戦後日本人の思いを

    ヤマトに託して描いた作品であるともいわれ、それが長く愛され続ける

    理由でもあります。

     

    オリジナルの作者の思いを大事にし、現代に合ったアレンジを加え、

    受け継がれる作品を作る。

    私たちの仕事も似ていると思いませんか。

     

    今後の展開が楽しみです。

     

     

    企画課・総務経理課

    松村

  • 2013年05月24日

    中村そば店 -設計-

    当社で移転のお手伝いをさせて頂いた「中村そば店」さんが

    先日オープンしたということで、

    早速設計のみんなで行ってきました!!

     

    町家風の外観で、内部は古風な中にもモダンさがあり

    どこか懐かしい、そんな雰囲気が漂っていました。

    客席はテーブルが4つと座卓が2つで

    こじんまりしていてとても落ち着く空間になっています。

     

    座卓は以前のお店でも使っていたものらしく

    それがまたいい味を出していました。

     

    お店に使われている建具はすべてオーダーメイドの建具になっています。

    デザインはもちろん、材種から取手ひとつまでお客様と打合せを重ね

    それを建具屋さんに作ってもらいます。

    こちらに使われている建具もいろんなデザインのものがあり

    見てるだけで楽しかったです。

     

    お蕎麦を頂きながらそういったところも意識しながら見ると

    また違った楽しみ方ができるかもしれません。

     

     

           

     

     

    ちょっと話がそれてしまいましたが・・・

     

    ここの「中村そば店」さんはご主人手打ちのお蕎麦はもちろんおいしいのですが、

    なんと中華そばも絶品とのこと。

     

    私は初めてだったので、今回はおろし蕎麦を頂きましたが、

    次回はぜひとも中華そばを頂きたいと思います(^^)!!

    一緒に頼んだまいたけの炊込みごはんもとってもおいしかったです。

     

    みなさんも近くに行った際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

     

    設計課 早津 侑佳

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。