住まいづくり大好き

09月   
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 2012年09月28日

    住まいの見聞会を開催いたします。

    いよいよ明日から2日間、

    アルプラザ鯖江近く、鯖江市水落町3丁目にて

    民家再生見聞会が開催されます。

     

    今回ご覧いただくお住まいは、築約90年の古民家を再生したお住まい。

    8室あった和室を大規模に間取り変更し、

    それぞれの趣味をリビングを中心に楽しめる工夫や

    構造面では基礎の強化で耐震性を高め、断熱性能もアップして、

    自然素材に囲まれた明るく健康的な住まいへと蘇りました。

     

    皆様それぞれに直したい部分や、住まいの使い勝手の悩み、

    将来を見据えた住まいの形など違うかと思います。

    ぜひ現地にご来場いただき、実際に見て聞いて

    住まいづくりに備えていただくのも一つかと思います。

     

    秋のしつらえにて皆様のお越しをお待ちいたしております。

    会場内を少しだけご紹介いたします↓

    玄関の下足箱にお客様の迎え花として、

    ススキ・秋桜・竜胆を。

    塗り直した漆喰にしっくり馴染む秋の風情です。

     

    玄関入ってすぐの和室はお客様をお迎えする空間。

    手前の格子戸は以前別の場所で使用していたものを

    再利用しています。

     

    秋の味覚、坊ちゃんかぼちゃをおいてみました。

    奥の冬大活躍の薪ストーブの他に太陽光発電を設置し、

    ランニングコストをおさえる工夫を施しました。

     

    他にも随所に暮らしの工夫がございますので、

    ぜひ足をお運びください。

     

    企画課 舟木 美由紀

  • 2012年09月14日

    住まいの見聞会を開催いたします。

    9月15日(土)~17日(祝・月)に、

    福井市門前2丁目にて住まいの見聞会を開催いたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回ご覧頂くお住まいは、「上下分離型の二世帯の住まい」です。

     

    モダンな雰囲気をご希望の施主様に、

    白を基調にしたシンプルな中に趣豊かな外観デザインをご提案。

    室内は上質な自然素材をふんだんに使い、木の温もりを感じられるようコーディネートしました。

    二世帯の集いや世帯別の暮らし、また、プライベートを過ごす空間に配慮し、

    1、2階分離型のゾーニングとしながら、吹抜けでつながりを確保するなど、随所に工夫を凝らしました。

    棚や造り付けの家具も多くあり、暮らしをイメージしながらライフスタイルに合った住まいの完成です。

     

    なお、当日会場では消費税相談会も開催いたします。

    契約・引渡し時期によって消費税率は変わります。

    消費税を意識した家づくりは今から始めなければ間に合いません。

    経験豊富なスタッフが皆さまの疑問にお答えいたします。

     

    詳細に関しましては、永森建設(0776-52-0007)まで。

    皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

     

     

     

    また、本日はこちらのお住まいで平成25年度のカレンダー用の写真撮影を行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (舟木が花を生けています)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カレンダーは年末の挨拶時にお持ちしております。

    来年も素敵なものをお届けできますように。

    楽しみにしていてください!

     

    企画課 小川温子

  • 2012年09月10日

    9月8日(土)付の福井新聞に高柳展示場が掲載されました!-企画-

    9月8日(土)付の福井新聞に高柳展示場が掲載されました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    記事の詳細は下記をご覧下さい。

    "希望学 あしたのむこうに ~本物を長く大事に使う~"

     

     

    今回の希望学のテーマは「本物を長く大事に使う」です。

     

    記事を読み、

    「福井の家ってこんな良い家です!」と少し自慢したくなるような気持ちになりました。

     

    住まいや暮らしをより良いものにしていくには、

    ただ楽に暮らせるだけでは面白くないものです。

     

    肌触りの気持ち良い無垢材も、傷がついたり、動いたり、掃除に少し工夫をしなければいけなかったり、建てた当初のままではいられません。

    けれどそんな手間も、時間を経るごとにだんだんと色艶の変わる木や石を見れば、愛着を持たずにはいられないもの。

     

    大切に、大切に使ってあげれば、どんなものでも長持ちします。

     

    そんな愛着を持てるような、「この家が大好き」といってもらえるような家を提供したいと私たちは考えております。

    福井の気候に合った、福井にゆかりのある材料を使用し、施主様のライフスタイルに合わせたお住まい。

     

    皆さまの暮らしをさらに楽しいものにできるよう努めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

     

    企画課 小川温子

  • 2012年09月09日

    基礎工事 -工務課-

    8月21日(火)より福井市のS様邸の基礎工事を着工いたしました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (地盤改良工事)

     

    着工して最初の現場立会い検査である配筋検査を9月1日(土)に行いました。

     

    配筋検査とは、建物の基礎の鉄筋が組みあがった状態を検査することです。

    コンクリートを打ってしまうと見えなくなってしまう箇所ですが、

    その名の通り建物の”基礎”なのでとても重要な検査となります。

     

    当日はお施主様、品質管理室長、設計担当、営業担当、工務担当が現場に集まり

    配筋の説明のほか、高さの再確認を現場にて行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (配筋検査)

     

     

    一般的に基礎工事の段階ですと、

    多くのお客様が”自分の家はこんなに小さいのか”と感じるようですが、

    今回のS様のお宅は延べ床で100坪を越える住宅ですので、

    さすがに基礎の段階から大きく見えます。

     

    実際に大きいですけど・・・。^^

     

    基礎工事が終わるといよいよ上棟になります。

    無事上棟が迎えられるようミスのないように再度チェックしコンクリートの打設を行います。

     

    工事を進めていく上で隠れてしまう箇所というのがたくさんあります。

    そのような箇所に特に気を配り、

    お施主様の不安要素にならないように現場管理を進めていきます。

     

    工務課 三谷

  • 2012年09月04日

    日本経済新聞に掲載されました!! -企画課-

     

    企画課として約3年半、お世話になりました磨谷(うすや)です。

    今回、つれづれだより最後の更新になる、かもです。。

    といいますのも、この度、

    株式会社エーシンの不動産事業部に異動となったのです。

     

    HPリニューアル前から、ブログの更新を続けてまいりましたが、

    これもご覧になっていただいている皆様がいるからこそ。

    HP観ていますよ~という声が、何よりの糧でした。

    これまでご支持いただきました皆様に、厚くお礼申し上げます。

    そして今後とも、永森建設をよろしくお願いいたします。

     

     

    さて、本日4日(火)付けの日本経済新聞に、

    弊社が掲載されました!!

     

    地元密着というところで、

    嶺北を中心に建物を提供させていただいておりましたが、

    弊社のHPをご覧になられたり、

    嶺北で建てられた方から、ご紹介をいただいたりと、

    最近では嶺南の方々にも少しずつ反響をいただいております。

    ありがとうございます!!

     

    これも、弊社の「素材力」「技術力」「提案力」へのこだわりが

    だんだんと認められてきている証だと思います。

     

     

    そして本日、日本経済新聞に掲載されたのは、

    今週7日(木)8日(金)に開催されます

    「ふくい企業元気フェア2012」への出展がきっかけなのです。

     

    「ふくい企業元気フェア2012」では、

    “この10年間で業績や規模等で飛躍的な成長を遂げるとともに、

    さらなる躍進に向かって挑戦を続ける企業”として参加いたします。

     

    私、磨谷が2日間とも担当させていただきます。

    皆様、ぜひお立ち寄りください!^^*

     

     

     「ふくい元気企業フェア2012」

       会場  福井県産業情報センター

            (坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16)

       日時  9/6(木)・7(金)

            10:00~17:00

     

     

    ㈱エーシン  磨谷

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。