住まいづくり大好き

05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 2012年05月28日

    F.BERRY(エフベリー)6月号に、風の栖が掲載されております。 -企画課-

    もうすぐ5月も終わり・・・。

    楽しみにしていたGWもあっという間に過ぎ、中期経営計画発表会(現在5ヵ年経営計画を行っており、業者さん・職人さん・社員を交えた発表会がありました)・風の栖(すみか)オープンと、イベントが続きまして、5月病の心配なく毎日を過ごしております^^

    来月には高柳展示場のオープンも控えておりますので、この調子で突き抜けていきたいと思います!!

     

     

    では本題に・・。

    すでにご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、

    5月20日発刊のF.BERRY(エフベリー)6月号のP.8-P9に、風の栖(すみか)が掲載されております!

     

    風の栖とは名前の通り、風を感じることのできる住まい。

    家族がつながり、心地よい風と穏やかな空気が流れるような空間を、間取りと素材と照明でつくりあげています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    文章の終わりに「何十年経っても『この家が好き』と心から思える時間を」とあります。

    まさに、その通りだなあと思いました。

    経営理念で掲げている「お客様が誇れる住まいを-。それが私たちが考える精一杯の感謝の気持ちです」という思いが、まさにお客様からの「この家が好き」という言葉で叶えられるのです。

     

    そんな風に思っていただける住まいのお手伝いを、これからも行っていきたいと、改めて感じました。

     

    企画課 小川温子

  • 2012年05月22日

    壁紙工事 -工務課-

    5月22日は金環日食でしたね。

     

    残念ながら福井では部分日食となりましたが、朝見られた方はいらっしゃいますでしょうか。

     

     

    さて、今回は当社の壁紙工事についてお話したいと思います。

     

    通常、住宅の内装は下地に、せっこうボードをビスで留め、その上から壁紙を貼っていくのですが、そのまま貼るとビスの跡が出てきてしまいます。

     

    これを無くす為に壁紙を張る前にパテにてビス穴を埋め表面に跡が出ないようにします。

     

    他社ではこのパテ処理を1回しか行わない事があるのですが、当社では2回行います。

     

    その理由は、1回だとパテが痩せビス跡が出やすいからです。

    当社では、先塗りにて一度ビス穴を埋め、一度乾燥させてからもう一度痩せの少ないパテにて上から均します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この一手間をするかしないかによって、ビスやせっこうボードの跡の出易さが変ります。

     

    特に壁紙は最後の仕上げでお客様の目にも留まり易いところです。

    さらに念入りに仕上げることにより、お客さまに永く気持ちよく住んで頂ける家作りが出来ると思います。

     

     

    工務課 八杉

  • 2012年05月18日

    アイ設計研鑽会 -設計-

    こんにちは。

    設計課の柳澤です。

     

    早くも夏が感じられる季節となりました。

    休みの日は外に出て散歩やBBQを楽しみたいものですね。

     

    話は変わって・・・

    我がアイ設計では今年の3月より研鑽会という名の、

    勉強会をスタートさせました。

     

    アイ設計の皆でさまざまな場所や建物を訪れ、

    皆で見聞を広めよう、という試みです。

     

     

    第1回目の前回は京都に行きました。

     

    江戸・明治に建てられた町家を見学したり、

    石場建て足固めの伝統構法を施工している工務店の構造現場を見学しました。

     

    皆で同じものを実際に見て触れて、

    各々感じることがあり、また刺激を受けたことと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    写真は見学させて頂いた、吉田家(無名舎) の玄関入ってすぐの中庭です。

    明暗の対比は思わず息を呑む美しさでした。

     

     

    このような普段目にし難いものに触れることは、

    勉強になるのはもちろん、日々のモチベーションにも繋がりますね。

    常日頃から、いろんなものに目を向けていこうという気になります。

     

     

    路地を歩いていると、

    風の栖でお馴染みの版築壁(はんちくかべ)を発見!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    風の栖とはまた違った色合いですね。

    町の中に違和感なく佇んでいることに驚きです。

     

    次回は6月に石川県を訪れる予定です。

    福井に似た気候に建つ建物を見ることで、

    実務にも役立たせていけるのではないかと思います。

     

    これからの研鑽会の様子は、ブログで皆さんにもご報告していきますので、

    楽しみにしていて下さいね。

     

    設計課 柳澤 有紀

  • 2012年05月17日

    サプライズプレゼント -企画課-

    先週のことになりますが、非常に心温まるプレゼントを頂きましたのでその御報告を・・・

     

    5月12日(土)に勝山市M様邸のお引渡し式を執り行いました。

     

    M様邸では見聞会を開催させていただき、その際にはご主人・奥様自ら、お知り合いやご近所の方をご案内され(ご案内用の資料を片手に・・!)営業マンさながらのトークを繰り広げていただきました!

    ありがとうございます!笑

    スタッフ一同楽しい一日を過ごさせていただきました。

     

    そんな明るいご家族から、お引渡し式の際にサプライズプレゼントを頂いてしまいました!!

     

    お引渡し式の時にはカメラマンとして登場する私ですが、写真を撮っている間、お姉ちゃんの持っているものは何だろう??と気になっていました。

    と、そこで奥様から「娘たちからプレゼントがあるんです」と。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    社長の永森いわく、「担当スタッフや現場を担当した大工はプレゼントを頂くことがあるのですが、会社へ頂くのは初めてです」ということ。

     

    営業・設計を担当した岡崎は目がうるうる。

    私たちも思いがけないプレゼントに驚きました!

     

    最後の記念写真撮影では、絵と一緒にパチリ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    外観写真を見ていただくとお分かりになるかと思いますが、本当にそっくりです!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その絵の中にはご主人がいて、奥様がいて、兄弟で遊んでいて・・・家族みんなが幸せそうに暮らしている様子が描かれていました。

    お母様が「ここ、ばあちゃんの部屋じゃないよ」とお姉ちゃんに言ったところ、

    「ばあちゃんは、洗濯物干してるんや」と一言。

     

    皆が笑っていている姿に、つくづく「いいなあ」と思いました。

    M様ご家族が、お住まいの完成を心から喜ばれていることがひしひしと伝わります。

     

    こんなとき、営業さんや設計さんが羨ましくなったり・・・

     

    私たちはお客様の笑顔と「ありがとう」の言葉が原動力です。

    私もお客様に喜んでもらえるようなスタッフになれるよう、目配り気配りを大切にしていきたいな、と思いました。

     

    企画課 小川 温子

  • 2012年05月14日

    風の栖(すみか)公開を終えて -企画課-

    はじめまして、5月に入社いたしました妹尾(せのお)です。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     突然ですが…

    毎年この時期になると着る服にお困りになりませんか?

    我が家のタンスの中身は4月に半袖に衣替えしたのですが、

    今だに押入から長袖やカーディガンを出したりしまったり…

    土、日に行われた『風の栖』見聞会には なんと!

    ヒートテックを引っぱり出してきてしまいました。

     

    そして今日は最高気温26度の夏日です。

    皆様、体調管理には十分にお気を付け下さいね。

     

     

    前文でも触れましたが、5月12日(土)、13日(日)に、

    福井市高柳にある『風の栖(すみか)』にて見聞会を行いました。

    両日ともたくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

    心地よい風が吹き抜ける、どこに居ても家族の気配を感じられる

    居心地の良い空間です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ご来場いただいたお客様も、営業の宇野も気持ち良さそうに歓談中。

    ついつい腰掛けて話し込んでしまいます。

     

     

    まずは体感してみてください。

    見学ご希望の方は、永森建設 (0776)-52-0007までご連絡下さい。

    皆様のご来場、心からお待ちしております。

     

     

    企画課 妹尾 珠美

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。