住まいづくり大好き

12月   
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 2017年12月12日

    性能に関する数値をイメージしよう

    積算課の松村です。

    今回は、住宅の省エネルギー性能を表す数値について

    お話ししたいと思います。

     

    皆さんはUA値、C値という言葉をご存知ですか?

     

    UA外皮平均熱貫流率といい、

    外皮(床・壁・屋根・窓など外部との境界となる部分)

    がどれだけ熱を通しやすいか(あるいは通しにくいか)

    を表す数値です。

     

    C相当隙間面積といい、

    建物全体にどれだけの隙間があるかを表す数値です。

    どちらも小さければ小さいほど性能が高いことを表します。

     

      ------------------------------------------------------------------

     

     

     

     

     ------------------------------------------------------------------

     

    では、求められる水準はどの程度なのでしょうか。

    UA 0.87以下(H28年の省エネ基準)

    C 5.0以下(H11年の省エネ基準)

    ただし、高気密といわれるには

    C1.0以下を目指す必要があるといわれています。

     

    UAは、使用される断熱材の種類と厚さ、

    窓の性能でほぼ決まります。

    そのうち、窓から逃げる(または入り込む)熱は、

    建物全体の5~6割を占めるといわれます。

    ですから、断熱材を厚くするよりも

    窓の性能を上げる方が効果的です。

     

    Cは、建物の隙間面積の合計(㎠)を

    延べ床面積(㎡)で割った値です。

    40坪(132㎡)の建物でC1.0の場合、

    家全体で132㎠の隙間が空いていることになります。

    大きさにすると約11.5㎝角になります。

    家全体の全ての隙間を集めてこの大きさです。

     

     

     

    これらの数値をイメージし易く例えるなら、

    窓の対策をなおざりにして断熱材を厚くするのは、

    ダウンジャケットに短パン姿のようなもの。

    断熱性能を高くして隙間を塞がないのは、

    ダウンジャケットのファスナーを開けているようなもので、

    外皮と隙間どちらか一方だけではバランスが悪いといえます。

     

    UACに共通していえることは、

    窓の影響を受けるということです。

    窓面積が大きくなれば熱損失は大きくなり、

    開放性の高い引違い窓を多用すれば

    隙間面積は大きくなります。

    だからといって、窓面積を小さくし気密性の高い

    小さなすべり出し窓を多用すると、とても窮屈になります。

     

    つまり性能も大事ですが、

    どのような暮らしをしたいかを思い描いたうえで、

    バランスの良い計画をすることが大事だと考えます。

     

     

    住まいの気になることは、弊社にお気軽にご相談ください。

     

     

    積算課 松村

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年12月11日

    FUKUI CRAFT TOURIZM vol.2@河和田

    こんにちは!

    設計課の竹内です。

     

    近頃雪も降り始めて、

    いよいよ冬本番という気候になってきましたね。

    年の瀬の忙しい時期になってきますので、

    体調を崩さず元気に過ごしたいですね。

     

    さて、前回は河和田地区の

    「漆林堂」に行った話を書きましたが、

    先日、鯖江・河和田で開かれた

    RENEW」というイベントに友人と参加してきました。

     

    ★前回の記事はこちら 

     

    会場は広く、いくつかの地区でそれぞれの

    店舗・特設の会場に分かれており、

    私は全て回りきることができませんでした。

    来年は時間を作ってじっくり回る予定です!

     

     

    写真は「漆林堂」で参加した拭き漆体験の時のものです。

    ワークショップでは漆塗り体験でだけでなく、

    実際の工房で普段どのような仕事をしているのか、

    話を聞くことができました。

     

    漆は大切に使えば世代を超えて長持ちし、

    漆が痛んできても、また漆で治すことができるそうです。

    普段使うものとして、漆器は高価ですが、

    一つを大切に手入れして、

    痛んでも治してまた使うという精神がカッコイイですね。

     

    自分が関わる家づくりでも、多少手入れをしてでも

    永く付き合っていきたいと思われるようなものづくりに

    努めていきたいと思います。

     

    これからも伝統工芸のお店を巡っていこうと思います。

     

    設計課 竹内

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年12月05日

    家事を楽にするには

    こんにちは!営業課の川猿です。

    最近ぐっと寒くなってきましたが、

    皆さん体調は大丈夫ですか??

    私は季節の変わり目で

    ばっちり風邪をひいてしまいました (-_-;)

    体調管理もしっかりしなければと思う今日この頃です。

     

    さて、今回は家事についてお話したいと思います。

    私は今アパートで独り暮らしをしているのですが、

    毎日の家事に悩まされています…

    特に洗濯物は一番大変ですよね!

    冬はなかなか乾かず溜まってしまいがちです。

    そこで今日は洗濯物が早く乾く方法を調べてきたので

    皆さんと共有したいと思います。

     

     

    少しでも早く洗濯物を乾かしたいときは、

    ただ単に干せば良いわけではなく、

    いくつかポイントがあるようですね。

    まず洗濯物を干すときに確認するのが、

    ★湿度が低く、じめじめしていないか

    ★温度がある程度高いか

    ★風通しはあるか

    3つです。

    洗濯物を早く乾かすのにはとても重要な

    “三種の神器”のようなものです。

    どこに干そうか迷ったときは「湿度、温度、風通し」の

    バランスが取れている場所に干すと良いそうです!

     

    干す時にもポイントがあります。

    まず1つが洗濯物の間隔をあけ、

    太めのハンガーで干すこと。

    外や室内、どちらに干す場合も衣類同士の間隔を

    最低1015cmはあけるようにする。

    さらに、細い針金ハンガーではなく、

    太めのハンガーにかけて干すのがポイントです。

    細い針金ハンガーだと風の通りが悪く、

    乾くのが遅くなってしまいます。

    今まで針金ハンガーのような細いものを使っていた方は、

    ぜひ試してみてください。

     

    また、アイロンをかけてから干すと早く乾くそうです!

    やり方は簡単で、湿っている洗濯物に、

    アイロンをかけるだけです。

    メリットはこれだけではなくて、

    洗濯物の生乾きによる“イヤな臭い”を防ぐこともできます。

     

     

    今回は家事、特に洗濯についてお話しました。

    住まいづくりを考えていく上で

    家事の負担は少しでも減らしたいですよね。

    そのためには家事動線をどう考えるかが重要になります。

    実際にどのようにすれば家事が楽になるか

    重要なポイントがありますので、

    当社の展示場を見ていただいて

    一緒に考えていけたらと思います!

     

     

     

    今年も残すところ一か月を切ってしまいましたが、

    残りの日も寒さに負けず頑張りたいと思います!

     

    営業課 川猿

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

              ◆ 川猿 の他の記事を見る

              ◆ 営業スタッフ プロフィール

              ◆ 営業課 ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年12月01日

    新潟へ

    こんにちは。設計課の鳥居です(^^)

     

    先日友人のところへ行くため、

    新潟県に行ってきました。

    自分の足で新潟に行くのは初めてで

    前日から遠足気分でした。

     

     

    電車を乗り継ぎ目的地の1つの万代シティに辿り着き、

    ホッとして街を散策していると目に入るのは食べ物!!

    ではなくやはり建物ですね()

    ( しっかりお米も堪能しました(*^^)v )

     

    写真を撮ることが好きなのですが、

    今回ははしゃぎすぎたのか

    写真をほとんど撮っていませんでした。笑

     

    自分も目で楽しむ人間になったのかな、としみじみ。

     

    店の中にある照明やクロス、

    全体的な配色など一度驚くものもありますが、

    これも良いなと思わせてくれるものが沢山ありますよね。

     

    お客様との打合せでも提案をさせて頂いて、

    良さが共感できた時、とても嬉しくなります。

     

    様々な場所に出向き、

    自分の目も養えてもっとその瞬間をつくれるように

    これからも気持ち新たに頑張っていこうと、

    心も体もリフレッシュできた小旅行になりました。

     

     

    設計課 鳥居

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 鳥居 の他の記事を見る

         ◆ コーディネーター プロフィール

         ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

     

  • 2017年12月01日

    我が家 その③

    こんにちは設計課の福岡です。

    今回も我が家の紹介をさせて頂きます。

     

    今現在は大詰めの段階で、

    外部の足場が取れて

    最後の仕上げに掛かっています。

     

     

    越前市特有の古い建物が並んでいる中、

    少し奥まった所に

    街並みに溶け込んで建っている和モダンの家。

    というイメージで外観を決めました。

     

     

     

    内部に関しては、風通しという点を重要視し、

    夏場の気持ちの良い西の風が家の中を通って

    東の窓へ抜ける間取りを計画しました。

    これからは極力エアコンを使わない生活にしようと思っています。

    次回は完成した家を紹介したいと思います。

     

    設計課 福岡

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

                ◆ 福岡 の他の記事を見る

                ◆ 建築デザイナー プロフィール

                ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。