住まいづくり大好き

2月   
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
  • 2018年02月24日

    知ること、伝えること

    こんにちは、設計課の小寺です。

     

    前回、脱インドアを掲げた私ですが、

    少しずつお休みの日に外に出かけることが増えてきた…!

    と自覚したのも束の間で、

    寒いのが苦手な私は、冬本番になり家にこもっています。笑

     

     

    外に出かけるときは、

    お昼前に家をでて、ランチは外で…

    というのが定番になりつつあります。

    そんな時にふと思ったことがありました。

     

    よく行くお店で今日は何にしようかな…と悩んでいると、

    前来た時にはなかったメニューを発見!

    せっかくなので注文してみることに。

     

     

    いざ食べてみると、とっても好みの味で

    これからはこれにしようかな^^と思っていると、

    もしも期間限定メニューだとしたら

    今しか食べられないことに気が付きました。

     

    いそいそ携帯でそのメニューについて調べてみると、

    期間限定という文字はないですが、

    代わりに、新商品という文字も見当たらない…

    あれ?と思いお店の方に聞いてみると、

    ずっとあったメニューでした。

    私が気付いていなかっただけみたいです( ˘˘ )

     

    その時私は、

    もっと早く知っていれば、今までに沢山食べられたな-…

    なんて食欲の塊のような事を思っていたのですが、

    このもっと早く知っていれば…という気持ちって

    とても歯がゆいですよね。

     

    「これがあるって知っていたらこれにしたのに…」

    「こうなるって分かっていたらこれにはしなかったのに…」

    いろんな場面が浮かんできます。

     

    私がお客様と打合せさせていただく際に、

    たくさんの商品の中から、お客様に合うものや、

    おすすめのものをご提案させていただく場面が多々あります。

    その時に、当たり前のことですが、

    お客様が望んでいるものをご提案すること、

    その為に商品を幅広く知っておくことが

    とても大切だと感じました。

     

    お客様が歯がゆい思いをしないように、

    これからもたくさんお客様とお話をして

    ぴったりのもの、それ以上のものを

    ご提案していきたいですね。

     

     

    早くあったかくならないかな…

     

    設計課 小寺

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

           脱インドア

           美容室

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

      

  • 2018年02月22日

    人の力

    こんにちは、営業課 桒野です。

     

    連日の早起き、除雪、雪道運転お疲れ様です!

    ここしばらくスコップを持たない日がないくらい

    雪と格闘する日々で、体が悲鳴を上げています。

     

    ここにきてようやく雪も落ち着いて、

    天気予報でも雪だるまマークが少なくなってきましたが、

    まだまだ大量に積み上げた雪の山を排雪したり解かしたり…

    奮闘の日々は続きそうです。

     

    今回の豪雪は37年ぶりということで、

    雪国福井の人達も油断していたと思いますし、

    想定外の降雪で対応不可能でした。

    突然のドカ雪でいろんなことが麻痺して

    大変だったと思いますが、

    普段の日常よりも助け合いが多くみられたと思います。

     

     

     

    建築現場の除雪でも普段では

    ありえない人数をかけ、力を合わせて頑張りました!

    大人数で協力すれば不可能も可能になる!

     

     

     

    人の力って素晴らしいなと改めて感じました。

    協力いただいた皆さんありがとうございました!

    皆さんお疲れ様でした!

     

     

     営業課 桒野

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

           雪下ろし

           ながもり除雪隊

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

      

     

  • 2018年02月15日

    雪下ろし

    こんにちは、設計課柳澤です。

     

    すごい雪になりましたね。

    皆様におかれましては自宅や会社の雪かきで

    相当お疲れのことと思います(*_*)

    当社の社員も、除雪作業で現場を駆け回って、

    皆疲れ果てております。

     

    さて、車で雪道を走っていると、

    雪の重みで軒先が折れてしまった建物や

    倒壊してしまった建物などを時々目にします。

    屋根の雪下ろしを行っている場面にも遭遇します。

     

    雪国においての雪下ろしは、

    大切なお住まいを守る為にとても大事なことです。

     

    どのくらい雪が積もったら雪下ろしをするの?

    と疑問に思われた方は、

    金沢市のHPに雪下ろしの目安が書いてありましたので

    参考にしてみてください。

     

    (金沢市公式HPより)※上記画像クリックでPDFが開きます。

     

    軒の出寸法や、垂木の寸法、

    間隔、築年数にもよるみたいです。

     

    一般的に木造住宅で一番最初に雪の被害に合うのが、

    軒先部分と言われていますが、

    永森の住まいは、軒の深い建物が多いです。

    これは、夏の暑い日差しを遮りつつ、

    冬の温かい日差しを部屋の奥まで入れたり、

    雨の日も窓を開け通風させたりする為の

    先人の知恵によるものです。

    しかし、軒が深ければ深いほど、

    積雪には不利になりますよね。

     

    そのため、荷重が掛かっても大丈夫なように、

    軒先にコメ垂木という、

    通常の垂木の間にもう1本垂木をコメる仕様にしたり、

    垂木の間隔に応じてサイズを大きくしたりと、

    しっかり考えられております。

     

    ★垂木とは…屋根板を支えるため、棟から軒に渡した木

     

     

    ちょっとやそっとの雪では大丈夫ですので、

    ご安心ください。

     

    とは言え、今年は記録的豪雪。

    お客様の大切なお住まいが傷まぬよう、

    建築中の各現場の雪下ろしもさせて頂きました。

     

    ニュースを見ると、

    雪下ろし中の事故も多く報道されています。

    もし雪下ろしをする際は、

    くれぐれもお気をつけくださいませ。

     

     

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

           雪の中での車中サバイバル

           ながもり除雪隊

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

     

     

  • 2018年02月12日

    雪の中での車中サバイバル

    スーさんです。

    今年福井は56豪雪以来、

    37年ぶりの大雪に見舞われました。

    国道8号線では車が1,500台以上立ち往生。

    自衛隊や国交省の方々が夜を徹して除雪に

    あたってくれましたが、それでも追い付かず

    何十時間も車内に閉じ込められる方もおられました。

     

    ガソリンスタンドではガソリンの入荷が出来ず、

    給油制限や燃料切れのスタンドが相次ぎましたし、

    スーパーやコンビニの食材は品切れ、

    国道沿いの建物も明かりを消し、

    まるで災害をテーマにした映画のような光景。

     

     

     

    この大雪では、

    外出等せずじっとしているのが良いのですが、

    仕事もありますし、そんな訳には行きません。

    雪かきもしなければいけません。

    毎年、雪かき中に心臓発作を起こす人がいます。

    その多くが運動不足の方です。

    特に雪が湿っているときの雪かきは、驚くほどの重労働です。

     

     

     

     

    雪かきには相応の服装で臨みましょう。

    長靴・風を通さない上着・帽子・手袋は必須です。

    さて、車中でのサバイバルですが、

    車の中にいれば安全と思うかもしれませんが、

    今回の国道8号線での立ち往生からの車中泊や

    除雪前の道で、前が見えないほどの吹雪のため

    タイヤが滑り抜け出せなくなった場合、

    周りに民家も無くだれも助けてくれる人もいなく、

    車を停め、アイドリングして暖房をきかせ、

    助けを待たなければいけない状況下だったとします。

    そのうちガソリンが切れ、暖房も止まり寒さが増し、

    眠くなってきます。

    そのまま眠ったら最後、死の危険が!

     

    ★そこでサバイバルです!

     

    1. 携帯ですぐに救助を依頼して下さい。

     

    2. 車を道路の真ん中に止め、発見されやすくする。

     

    3. アンテナ付の車の場合、アンテナをいっぱい伸ばし目立つように目印をつける。

     

    4. エンジンを止め、ガソリンを節約する。

    (エンジンをかける場合、マフラーまわりの雪を取り除き一酸化中毒にならないようにする。この時、マフラーを埋めている雪をとらず寝てしまうと危険です。 怖いのは、一酸化炭素は無色無臭の為、車内に入って来ても分からないことです。)

     

    5. 雪で包まれて酸欠になったり、一酸化中毒にならないように窓を少しだけ開けて下さい。

     

    6. 毛布を積んでいれば良いのですが、ない場合は、コート等を出来るだけ着込んで温かくして救助を待ってください。

     

    7. 車の中はそれほど断熱が良くないので、車内で簡単な手足の運動をすることで血流が良くなります。

     

    8. ハザードランプをつけておくと、大雪で雪が車に降り積もる前に、発見されやすくなる可能性が高くなります。

     

    9. 携帯はなるべく電力を消費しないようにして下さい。

     

    10. 緊急時に体内に水分を補給しなくてはならなくなります。脱水状態の場合、低体温にやすくなります。雪を直接口にせず、雪を貯めておける容器で、雪が融け水になった時に飲んで下さい。

     

    以上です。

    また大寒波がやってくるようです。

    十分注意して下さい。

     

     

     

    それではまたお会いしましょう~                                

     

    営業課 鈴木 

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

           冬場の快適な住まいに

           引っ越しの挨拶

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

                                                             

  • 2018年02月05日

    初!美術館

    こんにちは、積算課の西前です。

    先日、富山の美術館に行ってきました!

     

    今まではあまり興味がなかったのですが、

    入社していろんな事を学ぶ中で興味が湧き、

    人生初の美術館に行ってきました。

    初めての美術館、初めての富山でした。

    今回は「素材と対話するアートとデザイン」

    という展示を見てきました。

     

     

    素材と対話するとだけあって、

    様々な見たことのない素材、

    そしてその素材の魅力によって生まれるアートが

    たくさん展示してありました。

     

    自分で光を当てて反射を楽しむ作品や、

    カメラのフラッシュで色が変わる素材、

    実際に写真を撮って楽しむ、という作品、

    タッチパネルで自分で作品を選んで見るものも。

     

     

    美術館自体も綺麗で、屋上から見た白山は

    福井で見るよりも近くて感動しました。

    初めて行った美術館でしたが、とても楽しむことができました。

     

    入社して、もうすぐ一年が経ちます。

    私は建築の勉強は全くしてなかったので、

    知らない世界に飛び込むのは不安がありました。

    でも知らないことを知っていくことはとても楽しくて、

    今は自分の知識が増えていくのが嬉しいです。

     

    これからも色々なことに興味を持って、

    自分の知識を深めて、可能性を広げていきたいです!

     

     

    積算課 西前

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

                自然の力

                 充実した休日

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。