永森住まいづくり

住まいの長寿命化のために重要なのは、湿気対策。

福井の気候は夏は暑く冬は寒い、そして全国トップクラスの湿気の多い地域です。住まいの耐久性を高めるためには、湿気対策が最重要課題なのです。

ガラスや壁の表面に発生する表面結露表面結露

窓が曇ったり水滴がついたり、断熱の不十分な家では壁の表面でも発生します。特に温度の下がりやすい家具の裏側、北側の部屋などでは要注意です。表面結露はカビやダニの発生原因となります。ぜんそくやアレルギーの一因ともいわれ、健康を損ないます。

壁の中、床下など見えない部分で発生する内部結露

押入の床や壁のクロスからカビが生え、じとじと湿気ている。畳をめくると裏面と床がべたべたしている。これらは建物内部から発生してくるもので、内部結露です。表面結露よりも気付きにくく、構造材の腐食や蟻害など、深刻な被害を引き起こしかねません。

このような現象が発生したら、壁の中が結露している証拠です!

湿気の被害から逃れるために研究を重ねた結果、断熱材の高性能化を求めました。

湿気を吸放出し湿度を調整する断熱材。
セルロースファイバー | 20年無結露保証

新聞古紙をリサイクルし作られるセルロースファイバー。
湿度が高い時には湿気を吸収し、
乾燥している時は蓄えた湿気を徐々に放出します。
この吸放出性が適度な湿度をもたらすと同時に、
結露から住まいを守ります。
また繊維が絡みあい空気層をつくることで、
熱だけでなく音も遮断する高性能断熱材です。

水を吸わず溜めない結露しない断熱材。
アイシネンフォーム | 生涯品質保証

水のみで100倍に発泡するアイシネンフォームは、
隙間なく充填され理想的な高気密・高断熱を実現します。
水を吸わず溜めることもないので結露しません。
また柔らかいので、面材に密着・追随し、
振動や木材の乾燥収縮にも割れや剥がれがありません。
ホルムアルデヒドなども一切含んでいないため、
性能面だけでなく健康面にも優れた断熱材です。

「セルロースファイバー」「アイシネンフォーム」を採用されたお施主様の声。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。