工務の仕事は建築現場の材料の発注、品質・工期・原価を管理していきます。
一番重要なのは、設計、コーディネーター、棟梁、様々な業者の方、
そんな大勢の人の仕事を円滑に進めていけるよう現場の先を読んで、段取りしていくことです。
自分が工程を読み違えると、様々な方たちに迷惑がかかってしまいます。
上手くいけばお客さまにも満足頂けて、自ずといい建物ができます。
一番多くの方と関わる仕事ですから、責任も重大。
その分、お引き渡し時のお客さまの笑顔が何よりの喜びです。

answer

  • 大手住宅メーカーや公務員にも興味があったのですが、
    地元の会社で地元で家を建てる仕事に携わりたかったのと、
    社長や社員の熱い思いを感じて、
    この人たちと働きたいと思う人がたくさんいたからです。
  • お客さまの一生の中で一番高い買い物に携わることができる。
    お客さまの期待に応えて喜んで頂くことです。
    自分の段取り一つで全ての工程が決まってしまうので責任重大、
    その分やりがいが大きい仕事です。
  • 時には厳しく、時には優しい先輩方に囲まれています。
    仕事中は本当に皆が真面目なんですが、オフの時は和気あいあい楽しい雰囲気です。
    工務スタッフは、明るくて豪快な人が多いですね。
  • 引き渡し時のお客さまからの「ありがとう」の一言です。
    完成した家を見て喜んで頂いている姿をみると、
    自分のことのように嬉しくなります。
  • 一つの失敗で、それまでとても仲良くして頂いていたお客さまとの
    信頼関係が崩れてしまったことがあるんです。
    その時は上司に相談して一緒に対処してもらい、
    少しづつ信頼を取り戻すために自分も頑張ったんです。
    お引き渡しの時に「ありがとう」と言って頂いた時は涙が出ました。
  • 工務の先輩に「失敗することは仕方がない、しっかり解決して次に生かすように」と
    言われたことが心に残っています。
    棟梁や外部スタッフもダメな時はダメとはっきり言ってもらえるし、
    質問すれば優しく教えてくれます。知ったかぶりすることなく、何でも聞ける雰囲気なんです。
  • 相手の気持ちをくみとることを考えています。
    お客さまの要望に応える意味でも、段取りをする上でも大切だと思っています。
    チームワークが大事ですね。
  • スポーツは大好きでフットサルのチームに入って週一で活動しています。
    同年代でいろんな業種の人がいて、仕事のこともいろいろ相談できて息抜きになってます。
  • 社内外の人から、この人にまかせれば大丈夫と思われる存在、
    スーパー指揮者(工務)になりたいです!
    最初は設計の仕事をと考えていましたが、今は現場の仕事が本当に面白いんです。
  • 学生の時は勉強や課題も真剣に取り組んでましたね。
    アルバイトも遊びも悔いなくやりぬきました。
    何でも一生懸命にやるタイプで、今の仕事にも生かされていると思います。
  • 社会人になると長期で休むのは難しいので、
    海外に行ってみたりするのも学生の時がいいですよね。
    様々な経験をして少しでも大きな人間になることで、
    お客様と接する時の糧になります。
  • 明るくて前向きで礼儀正しい人。この仕事はお客様第一です。
    お客様の立場に立って考えられる気づかいができる人がいいと思います。
  • 着飾らず素の自分で臨み、就職活動を楽しむこと!
    そうすれば自分の合っている会社に出会えると思います。
    積極的に会社説明会に参加するといいと思います。
新卒採用エントリーはこちらから
給与・条件を見る
中途採用エントリーはこちらから
給与・条件を見る

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。